より高い利子を求めて・・インターネットバンク?

家を買いたいので頭金を貯めておきたい。。。必要なときにはすぐおろせるエマージェンシーファンドを貯めておきたい。。。今のセービング口座は利子が低いからもう少し高い利子はないか。。。などの声をお聞きします。投資には回せないけど、かといってチェッキングではもったいないお金・・そんなお金はやっぱりインターネットバンクに預けるのが一番でしょうか。

 

インターネットバンクの魅力はなんといっても高い金利です。建物や土地などを持たず、窓口の運営もないインターネットバンクは、その分口座の金利が非常に魅力的に設定されています。たとえばセービング口座の場合、従来の銀行の金利は0.03%とか0.05%とかで、たとえ大口顧客でも0.10%などというレベルであるのに対し、インターネットバンクだと、0.90%とか1.00%というような数字がよく見られます。また、従来の銀行はさまざまな手数料を課すことが多いですが、多くのインターネットバンクでは手数料もないか、あっても低めです。

 

でも不便もあるかな・・

インターネットバンクは、従来の銀行のようにチェッキング、セービング、ローン、投資などなどどんなバンキングサービスでも何でも来いというところはまだまだ少ないようです。何らかのサービスを専門的に行い、できる限り効率的に低コストにサービス提供するというところが主です。あるバンクはセービングだけ、あるバンクはローン専門というような具合です。ですので、従来の銀行の機能をすべてインターネットバンクに求めるというのはまだ無理があるかもしれません。

また、銀行の支店が近くにあるわけではないですし、ATMもないとなれば、お金を引き出したり、あるいはチェックを入金したりということに不自由があるかもしれません。最近では、どこの銀行のATMを使っても利用手数料を払い戻すというインターネットバンクもあるので、この点はクリアができるかもしれませんが、たとえば支店がある銀行であれば、ある程度の残高があるとセーフティー・デポジット・ボックスを無料で利用できたり、ノータリーサービスを受けることができたりしますが、インターネットバンクではそうはいきません。これらは利用したければ別途料金を払えばいいだけのことですので、インターネットバンクの高い利子で稼いでおいて、必要なときにそこから経費をカバーすると考えればそれほどの短所でもないかもしれません。また、キャシャーズチェックを発行してもらいたい場合なども、インターネットバンクでは対応できません。ただし、キャシャーズチェックの代わりに、ワイヤートランスファーで送金すればよい場合も多いでしょうが。

銀行口座からインターネットバンクに送金したりする場合は、インターネットバンクの口座にお金が入って利用可能になるまでに多少のラグが発生します。電子送金はクリアするのに多少時間がかかるからです。ただ、最近ではリモートデポジットといって、チェックの画像を銀行に送るとそれをもって入金をしてくれるサービスがあります。銀行によってサービス内容は違いますが、月額の料金でリモートデポジット装置を貸すところや、Faxで送ってもよいところ、あるいは普通のスキャナーで読み込んで送ればよいところなどがあるようです。(*チェイスはスマホでチェックの写真を撮って、
そのまま写真をアプリでアップロードするだけでデポジットが完了するそうです。NOAさん、コメントありがとうございました。)この場合は入金がよりスピーディーになされ現金が早く利用可能になります。

インターネットバンクはそもそも物理的な支店を持たず、無駄なコストを省き、効率的な運営によりできる限り高利率を提供するということを目的に発生したので、チェッキング口座のように頻繁に出金することを念頭にはつくられていないサービスが多いといえます。しかし最近ではサービスも多様化し、オンライン請求書処理(Online Bill Pay)サービスやデビットカードの提供により、出金もできるだけ間単にできるようになってきています。

 

たとえばAllyの場合

たとえばMoney誌でBest Online Bankのカテゴリーで一位に選ばれたAlly Bankはチェッキング口座($15,000以下で0.10%、それ以上は0.60%)でもセービング口座(2015年1月現在で0.99%)でも高レベルの利子を提供しつつ、月々のメンテナンス手数料はゼロです。口座を開くのに最低必要額の設定もなく、アメリカ全国でATM利用は無料。他銀行がチャージしたATM料金は月末に返金するというシステムです。また、ATMが近くになければグローセリーストアやガスステーションなどでキャッシュバックをすることができ、これも料金はかかりません。一日24時間、実際に人に話せるカスタマーサービスがあり、またリモートで小切手をデポジットできるサービスも提供されています。

 

こちらのサイトで、お手持ちの資金のサイズと、チェッキング口座、セービング口座、マネーマーケット口座、CDなどの別で、現在提供されている金利を調べることができますのでどうぞ。

internet bank

チェッキングもセービングもすべてインターネットバンクにするのはちょっと・・という場合は、従来のローカルバンクはキープしつつも、ある程度使わないで貯めておくお金はインターネットバックに移すというように並行して使うのもよいでしょう。

Print Friendly
Print Friendly

8 responses to “より高い利子を求めて・・インターネットバンク?”

  1. いつもとても勉強させてもらっています!
    ありがとうございます!

    リモートデポジットですが、チェイスはスマホでチェックの写真を撮って、
    そのまま写真をアプリでアップロードするだけでデポジットが完了します。
    手元にはチェックの現物が残ったままですが、きちんと入金されているようです。
    手数料もかかりません。銀行にいかなくて済むのでとっても便利ですよ。
    記事内には特別な装置やfaxが必要とあったので、コメント残させて頂きます!

    これからもアップを楽しみにしています^_^

    • NOAさん、コメントありがとうございます。
      そうですか、そんなに簡単なんですね。便利な世の中になりましたね。

  2. いつも拝見させて頂いております。アメリカに来てまだ間もない私には凄く勉強になっています。
    ここで質問させて頂きたいのですが、オンラインよりインタネットバンクの口座を作る際、必要書類や条件などはありますでしょうか?CD(定期預金)を申し込もうと考えておりますが、その際の送金はどうすればいいですか?
    試しに申し込んでみましたが、まだ英語の良くない私はミスをしたくないので、途中で止めました。確認をしてから再度チャレンジをしたいと思っております。
    ちなみに私は現在、グリーンカードを申請中です。既に面接が終わり、来月にグリーンカードを貰う予定です。

    どうぞ、ご教授を宜しくお願い申し上げます。

    • こんにちは、Kaiさん。アメリカでの連絡先にソーシャルセキュリティー番号などの基本情報があれば、ふつうは書類など何も提出しないで口座が開けるはずです。送金もふつう、オンラインで口座から口座へお金をトランスファーしますが、まだアメリカで口座をひとつもお持ちでないなら、チェックで入金することもできるはずです。ソーシャルセキュリティ番号があれば、ビザステイタスなどは口座開口には関係ありません。

  3. いつも拝見させています。とても勉強になりますが、まだまだ分からないことだらけです。
    もし、$5000あって、5年は使う予定がないとしたら、どこの銀行が1番おすすめですか?

  4. いつも拝見させています。このインターネットバンクのアリー銀行は日本でネットから口座開設とかは無理ですか?
    日本にいながらネットで口座を開設できるバンクとかはありますか?

    • アメリカ暮らしの方を対象にしているので、日本からのバンキングができるかどうかは調べておりません。直接金融機関へお問合せください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.



Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com