FAQ

アメリカのどの州からでもサービスを使えますか?

どのくらいの分析時間がかかるものでしょう?

家族情報Formや財務情報Formはなぜ必要ですか?

プラニング結果のレポートはどのようなものになりますか?

Skypeでの口頭コンサルテーションはどのようなものになりますか?

レポート納品での分析と口頭コンサルテーションとで料金が違うのはなぜですか?

プラニングサービスが使いたいのですが、お金がありません。

具体的な投資商品、生命保険などをリコメンドしてもらえますか?

金融商品を売る会社からコミッションを得ていますか?

____

アメリカのどの州からでもサービスを使えますか?

はい、使っていただけます。Smart & Responsibleはカリフォルニア州にありますが、アメリカのどの州からでもサービスを使っていただけます。

どのくらいの分析時間がかかるものでしょう?

これは個々のケースで大きく異なってきますが、これまでの例では、生命保険やカレッジ529プラン 選択などテーマ特化型の短いプラニングで2~3時間、全体的な投資戦略などの見直しやリスクマネージメントの見直しを含む分析などになると8~9時間以上にまで及びます。

当初、簡潔なレポートを納品させていただき、そこから必要に応じてご質問を受け、何度かのやりとりで深くテーマを掘り下げ、最終的に決断まで導かせていただくというような形もあり、この場合は都度、サービス課金させていただきます。

家族情報Formや財務情報Formはなぜ必要ですか?

ファイナンシャルプランニングは、広範囲にわたる要素が複雑に絡み合いますので、部分最適にならず全体的に最適化するために同時に多くの要素に考えをめぐらす必要があり、当初関連がないと思っていたような要素が実は重要な影響を及ぼすということが常です。すばらしい投資ポートフォリオを組んだのに、必要な保険が抜けていて、万が一の時に投資を取り崩さなければならなくなったとか、きちんとローンを組んで家を購入したが、後で子どもの学費をカバーするのがきつくなった・・などということがないように、全体を見晴らして進めていきます。今回の相談に関係ない部分の情報は必要ないだろうと判断されず、できるだけ多くの情報を提供くださることが、より全体的に整合性のとれたクオリティの高いプラニングにつながります。

また、財務情報は細かい数字のレベルまで100%正確である必要はありませんが、とくにマンスリーキャッシュフローの数字などは、あまりに大雑把すぎると、試算結果に影響します。精度の高い情報が精度の高いプラニングにつながります。1ドル、10ドルのレベルの誤差は大きな問題はありませんが、100ドルレベル以上の桁ではなるべく正確な情報提供をお願いします。その意味で、情報をいただいてから、不整合のありそうな部分やご記入漏れが疑われるような部分について、こちらからご質問させていただくこともあります。

プラニング結果のレポートはどのようなものになりますか?

納品させていただくレポートは、それぞれのクライアントの方に完全にカスタマイズされたものとなります。一般的な情報ではなく、各クライアントの方の状況に合わせて、個人的な回答が盛り込まれます。メール添付・pdfファイルでの納品になり、ページ数はそれぞれのケースで異なりますが、数時間のプラニングで数ページ以上、5~6時間ですと10ページ程度になる場合が多いです。

Skypeでの口頭コンサルテーションはどのようなものになりますか?

Smart & Responsibleでのプラニング・サービスは基本的にはレポート納品とさせていただいています。ファイナンシャルプランニングは、広範囲にわたる要素が複雑に絡み合いますので、部分最適にならず全体的に最適化するために同時に多くの要素に考えをめぐらす必要があります。たとえばリタイヤメントプラニングについてのご相談でも、実はこの裏に生命保険や健康保険の種類、現在のお仕事の内容、お持ちの不動産などなど、多くの情報を考慮して進めていきます。この意味で、口頭コンサルテーションは、口頭で質問をいただきその場で返答するというものになり、どうしても深く吟味する時間が限られます。レポートをお出しする場合は、レポート作成する間やその後も二重三重に吟味をかけますが、口頭コンサルテーションの場合は、部分的なものにしか焦点が当てられない可能性があったり、深く吟味してのお答えがどうしてもできかねる部分もあります。

ただ、ファイナンシャルプラニングの限られたポイントについての確認、特定の質問についての簡単な回答をご希望の場合、実際どのようなプラニングをリクエストしていいかわからないので、その相談をしたいというような場合には、口頭コンサルテーションが向いているかと思います。

レポート納品での分析と口頭コンサルテーションとで料金が違うのはなぜですか?

メール添付・pdfでのレポート納品の場合、財務情報・家族情報をいただいてから内容の整合性の確認させていただき、必要であればいくつか明確化の質問をさせていただき、その後分析をはじめレポートを作成し納品するまでの時間について、1時間あたり$95にて承っています。6分刻みの課金になります。

口頭コンサルテーションは、Skypeで会話が始まってからSkypeを切断するまでの時間で、1時間あたり$110にて承っています。6分刻みの課金になります。口頭コンサルテーションは、財務情報・家族情報をいただいて、その内容を確認させていただいたり、また実際の会話に先立ってある程度のシナリオ作り(どのような方向性でご質問に答えるのがよいかの考察)をしています。この部分の所要時間をカバーするために、1時間あたり$110となっています。

プラニングサービスが使いたいのですが、お金がありません。

お金があってもなくてもファイナンシャルプラニングは大切です。サービスを使いたいが、サービス料を払うだけの余剰金がないという方は、ご一報ください。家族情報・財務情報Formを提出いただいて、資産や収入が一定以下の場合は、ディスカウントさせていただきます。

具体的な投資商品、生命保険などをリコメンドしてもらえますか?

Smart & Responsibleは、金融関連商品は何も販売しない完全独立体制をとっています。クライアントの型の状況に応じ、具体的な商品をご紹介することはありますが、販売・契約までさせていただくことはできません。

クライアントの方が現在考慮されている商品を教えていただき、各商品についての長所・短所を洗い出し、中立的な立場でリコメンデーションをさせていただくことは可能です。

金融商品を売る会社からコミッションを得ていますか?

Smart & Responsibleは、いかなるコミッションも得ない完全独立体制をとっています。ブログなどを通じて、低手数料で商品を提供しているVanguard社などの紹介をしていますが、これは単に商品がよいものなのでご紹介しているだけで、Vanguard社からもコミッションなどを受けていることは一切ありません。

 

Print Friendly